歯ブラシにて説明をしていきます

歯磨き粉は使うな!
人工の歯は、なくなる前にあった28本の歯と同じ数だけ使います。人工の歯は形は天然の歯にそっくりです。当然ですね。人工歯と呼んでいます。しかし、ここで問題があります。それは人工の歯は、生えて来た頃の形でできているのです。才で歯を失っても、入れ歯に使う歯の形は若者の歯の形しか売ってないのです。仕方ないので、歯を作る専門の歯科技工士さんは、入れ歯作りに大変な苦労をします。まず、歯並びは、昔の写真を参考にして、歯をなくす前の見た目を再現しようとします。

歯ができたと思っている人が多いです

そして、表側の歯並びを再現した後、さらに難しい技術が必要なのです。それは、並べた歯の裏側を、ちゃんと噛めるように、すり減らすのです。このすり減らす作業を「削合」と言います。削ることですね歯を並べることを「排列」と言います。これは普通の言葉ですね歯を削ることを「削合」と言いますが、漢字だから意味はわかりますよね表側は見えるので、美しく排列し、裏側は、長年かかって自分で作ってきた、慣れた噛み合わせを削合で与えるのです。この削合は、その人の使い方を考えて人工歯を削るのですが、めっちゃ大変です。削合の角度や量がちょっとでも違うと、患者さんは噛めないと言いますからね噛めないだけではありません。

 

歯科クリニックなどで販売されていることが多いですが

各種イベントでよく風船を使うのは、イベントの入口をカラフルにする、という理由だけではありません。風で揺れるという動きがあるため余計に「華やかさ」「賑やかさ」「安心感」を与えてくれるという効果があり、それによって「入ってみようかな」と思う人の数を増やすことに寄与しているのです。空間の華やかさを演出するのは、にも適用できます「色」と「動き」と「音」です。これは歯科医院の開業内覧会待合室に「季節感のある飾りつけ」をしている。待合室に季節感のある飾りつけをしている歯科医院は、成功している歯科医院の確率が圧倒的に高いです集患数は、「おもてなし」の感覚がどれほどあるか、に比例します。

歯科技工士の技術で
患者さんは、れだけ「おもてなし」の感性を持っているかを敏感に感じてしまうからです。その医院がど人は「愛をもってもてなされる」と、とても嬉しい気持ちになり、「幸福感」を感じます。「おもてなし度が高い!最善の治療を受けられる」と連想する人の確率が高いのです。また、これは、過度のへりくだったサービスとは違います。いうことです。あくまでも「細やかな心遣いが重要だと待合室に季節感のある飾りつけをしている歯科医院は、「とても細やかな心遣いを持ち、「患者さんを大切にしている」と患者さんは感じます。そして当然、本業である歯科治療では、「もっと私に最善を尽くしてくれるはずだ」と連想するのです待合室に「医院長が読み終わった雑誌」を置かない。歯科医院は、医院長のものではありません。歯科医院は患者さんのためのものです。

 

歯肉があったはずの空間に歯の繰り返しより早く総入れ歯にして

とくに、海外在なので、住の方で、それと、万が一、再来院のお願いの連絡があった場合には、快く受け入れて頂けるとより良い方向に治療が進みますので、その心意気も大切になってきます。お互いが向かい合って治療をするのと、威圧的な態度で背を向けながら治療をするのでは雲泥の差があります。補綴物は、歯科医と技工士の力を合わせることでより良い物が作れます。特に、前文でも述べた通り、歯科医院側の型取り印象採得と形成土台の削り方で7~8割の品質の精度を左右します。もちろん、綺麗に形成、印象採得してもらっても、下手な技工士が作っては意味がありません。

歯が減ったから今後は歯を持っている生徒の割合は

舌側矯正というのを新聞で読んだ記憶があり実際、入れられた物は、一見形になってても、よく見ると入りきってなくて、浮いていたり、隙間があったりと酷いものが多いです。隙間があると、そこから虫歯になって、被せ物をしているのに数年後に蓋を開けたら虫歯に侵されていたってこともあるのです。自費治療となると数万から数十万の高いお金を払ったのにも関わらず、とりあえず形になった精度の悪い補綴物をセットされてしまう現状が非常に歯痒く、患者さんを哀れに思ってしまいます毎度毎度、歯科医は治療に100パーセントの力を出しきりたくても、人は人なので失敗がつきものなのです。本来なら、患者さんに連絡をして再来院のお願いするのですが、そうもいかない場合があります。本当は、患者さんの都合ではなく、このままやってという一方的な要求も多々ありますが患者さんはなるべく治療期間に余裕を持って行くことをお勧めします。帰国までにはって患者さんが多いです。