歯まで駄目にしてしますこともあります

歯を押すくせがついてしまっていました
近頃の日本では、なかなか見られない理想的な乳歯列だったのです。乳歯が並ぶ歯槽骨は、教科書に出せるほど美しい馬蹄形。20本の乳歯のすべてにすき間があり、虫歯など1本もありませんでした。彼は生後8カ月のときにスイスにわたり、市街地から少し離れた小さな村で育ったそうです。近所には農家が多く、新鮮な野菜がおやつ代わり。しかも彼が通っていた幼稚園では、週に1回にんじんの日」があって、生のにんじん丸ごと1本にかじりつくのだそうです。日本では考えられない「かむ」という教育が施されているのです。それだけではありません。

歯科技術とされています
彼の家の周囲は自然に囲まれ、森で駆け回ったり、湖で泳いだりという野生的な遊びが自由にできるすばらしい環境ですひまさえあれば、彼は外に飛び出していってこの図は「ステファンカーブ」というものです。食後の口の中のpHを表しています。食べる前には口の中のpHは7で中性です。そして食後2分で急激に酸性に傾きます。「臨界pH」とは脱灰が起こるギリギリのpHでpH5.5です。これを超えると「脱灰」。いわゆる歯の表面が溶け出してきます。赤い色のついたゾーンですね。脱灰した時間が長いほど虫歯になりやすくなります。なので、「毎食後すぐに歯を磨きましょう」ということなのです。ただ、近年、この333の歯磨きに異論も出ています。

歯とつなげて力を分散させれば負担は大分減るでしょう

日々診療室で子どもたちの歯を見続けていると、「変化」を感じずにはいられません。小さくなったあご、逆に大きくなった歯、一定年齢に達しているのにレントゲン写真を撮っても写らない永久歯の芽、ゆがんだ背中、まっすぐ座れない子、弱い筋肉かけなかったはずなのに、時を経るにつれ「あれ、この子も?「また同じタイプの子だ」「いや、以前の子よりさらに状態が悪いそう感じることが増え、少しずつ「何かがおかしいけれど、それがいまどきの子なのかもしれないと思うようになってしまいました。最初のころはごくたまにしか見そんな子どもたちの変化が如実に反映されているのが、歯並びです。歯渉の悪い子は本当に増えました。美しい馬蹄形に形作られた歯槽骨歯が並ぶ土台の骨、将来永久歯が生えるためのスペースを均等に確保して整然と並ぶ乳歯、そんな理想的な歯並びにお目にかかることがめったにありません。

歯医者さんでも嘔吐反射の強い方は大勢いらっしゃいます「永久歯が28本、ちゃんと並ぶかしら」と心配になるほど、あごの骨が小さい子は珍しくありません。上あごの骨の形と下あごの骨の形が違っていたり、上あごが極端に前に出ていたり、下あごが育っていなかったり、骨格そのもののゆがみも気になります。永久歯が生えてくるのを待つまでもなく、乳歯の段階でさえ「将来は矯正が必要になりそうね」と感じる子は本当に多くなりました実際、幼児のお子さんをもつ方がおもな読者である「Como」主婦の友社という雑誌でアンケートを取ったところ、「うちの子の歯並びは大丈夫でしょうか」と将来の歯並びを心配する声が半数以上あったのです。それは、虫歯への心配を大きく上回る数だったそうです歯並びの悪さは「遺伝」より「育て方」!私はさまざまな場所で「歯並びのいい子に育てましょう」遺伝でしょう?」と聞かれることが少なくありません。と話していますが、「歯並びの悪さは確かに遺伝によるものもあります。

歯にはなりにくいのです

いい歯科医院の見つけ方多くの患者さんは、治療に行く前に治療希望の歯科医院をネットで調べることをすると思います。医院のホームページがあれば、しっかりしているんだと安心感はあります。ところが、その歯科医院がしっかりとした治療を施してくれるとは限らないです。では、誰に聞けばいいのか。探すには、やはりそこを経験した人の口コミが1番有力です。家族親戚、会社の人、友人などに聞いてみましょう。口コミがネットで出てくるとこもあれば出ないとこもあります。歯科医院の選択は経験された方からの紹介、若しくは歯科医療従事者の知り合いなどから紹介される方が、かなり優秀な歯科医院にたどり着ける近道だと筆者は思っています。

歯をつくることが期待できるのでフッ素の入った

筆者も、実際様々な先生の治療を見てきて、少なからずですが優良な歯科医院は知っています。患者さんに向けてしっかりと時間をとって丁寧に治療方針の説明してくれる歯科医院がいいです。歯科医師側から話してくれるのが、当然なんですが、そういう時間がなかったりすると細かな説明ができていなかったりします。なので、患者さん側から質問できるように、知識をつけておく必要があります機材では、マイクロスコープという拡大鏡を使っているところが絶対に良いです。使って無くてもできているというのは、ベテランとか腕が良いではなく、裸眼ではほぼ見えていない状態で治療しているだけです。

      東北大学·加齢歯科学講座の調査
      歯でもあっという間に神経に達してしまい
      歯周病にして研究しようとしたのです