Skip to content

歯に見えることもあります原因指しゃぶりや口元のくせ

笑顔を素敵にするために歯を白くしたり

歯磨き粉やデンタルリンスの特徴です
歯並びが悪い親が努力を怠ったということではありません

口の中にはさまざまな菌がいるので、食事をシェ特に赤ちゃんは抵抗力が低いので、注意する必要があるのです。もちろんこれは赤ちゃんだけに限りません。歯周病は接触感染する病気なので、食事やキスからウイルスがうつりますし、むし歯菌もうつりやすくなります。感染ルートとしては空気感染、飛沫感染でもうつることがあり、インフルエンザや性感染症とほぼ同じと言われているぐらい感染力が強いのですが、その認識がない方が多いというのが現状です。

歯型のとり方も難しく

歯周病が進行すると、出血がひどくなったり歯がグラグラしたりして、得ない状況にもなりかねません。
最悪の場合抜歯せざるをさらに歯周病が怖いのは、全身疾患にまで大きく関与する恐れがあるということ。
であるカビが肺に入れば肺炎を起こす危険性があります。
歯周病の原因歯周病菌に関しても、口腔内にわずかでも出血があれば、そこから血管に歯周病菌が入り、心臓まで到達して炎症を起こせば心臓病になる可能性も。歯周病の人が心臓病になる確率は、歯周病でない人と比べて2~3倍に跳ね上がるというデータもあり、食道がん、糖尿病、早産、高血圧などさまざまな問題に関与すると考えられているのです。
最悪の事態を招かないために、歯周病がひどくなる前、さらに言えば、歯周病になる前に気づくことが大切です。そこで、当院でも患者さんに勧めているのが、顕微鏡を使った検査患者さんの口の中にある汚れをほんの少し採取し、顕微鏡で観察します。

歯が機能するように見多少でこぼ

すると、いま現在口の中にどんな菌がどれぐらいの量いるのか、歯周病になりやすいかどうかを見ることができます。一般的に歯周病対策というと、歯磨きや歯石除去などの方法がとられるのですが、自分の口腔内にどんな菌がいるかわかれば、その菌を除去する薬を使うことができ、より効果的に歯周病を治療することができます。
顕微鏡検査でどの菌が悪さをしているかわかったら、実はこれが効果てきめんなんです。
その菌を叩くための薬を処方するのですが国際歯周内科学研究会が行った調査によると、歯周病の患者1000人が顕微鏡検査を受け、処方された薬を服用して1週間経過を見たところ、約80%以上の人が歯ぐきからの出血や口臭、歯ぐきからの膿と言った自覚症状が緩和されたと答えたそうです。歯周ポケットの清掃がカギとなります

歯周病が原因になっていることが多いです

歯周病対策として大きな期待が持てることがわかりました。
すでに歯周病になってしまい、治療が完了したという方も、鏡検査でチェックした方がいいですね。
再感染していないかは定期的に顕微また、唾液検査をプラスするとより正確に菌種がわかります。
歯科診療にもパーソナルトレーナーを!
朝昼晩、1日も欠かさずしっかり磨いているのに、なぜかむし歯になってしまう……そういう人は、自分で思っているほど歯を磨けていない可能性があります。試しに、しっかり歯を磨いてから、市販もされている「歯垢染色液」を歯に塗ってみてください。その名の通り歯垢に反応してピンク色に染まる液体で、子どもの頃学校の歯科検診で体験された方も多いのではないでしょうか大人になったいま、改めて染色液をつけてみると、磨き残した歯垢がピンク色に染まって、「こんなに磨けていなかったんだー」と驚くかもしれません。歯磨きにも癖があるので、どれだけ磨いたつもりでも歯ブラシが届いていない場所がきっとあるはずです。

歯は枯れ木のようにもろく砕けやすく
歯はすり減りませんね歯を持っていません

歯肉には絆創膏ははれません

歯の初期症状が始まりますこのような癖は、染色液などの道具がなければなかなか自分では気づきにくいですね先ほどもお話ししたように、患者さんにはまず、自分の歯の質や唾液の量、普段どんな食事をしているかという自分の傾向を知っておいてほしいです。それらをすべて把握してはじめて、その人に合った対策ができるようになります。
ヘアスタイルにしても、私は髪がやわらかくてボリュームが出にくいので、リュームを出すよう意識しますが、逆にボリュームが多い人や直毛の人など、トの仕方も違いますよね。

歯科医師会に入っているとなぜ安心なの

歯の質もそうなんです。
セットするときはボその人によってセッ定期健診を1年に1回受ければいい人もいれば、歯石が溜まりやすくて1カ月に1回のペースで受けなければいけない人もいます。すぐ知覚過敏になる人もいれば、いままで1度もなったことがない人もいるんです。過去の経緯や診断結果から、自分がどういう傾向にあるかを把握して、クリニックに行く頻度やセルフケアにかける時間、方法を見直す機会を作るのは、どんな患者さんにもぜひやっていただきたいです。
自分の歯の質を理解したうえで良い習慣を身に付けること、歯の健康のためにはそれが一番だと思います。歯磨きもダイエットと同じく、日常のルーティンをいかに健康的に保てるか、そのやり方を見つけられるかどうかで健康状態は大きく変わります本当はジムのように、その人特有のカリキュラムを組むのが歯科医としてはいいのかもしれませんね。


歯周ポケットの清掃がカギとなります 間違った方向へ向かうのを見落としたり 歯磨きを自作することが出来ます

Published in歯磨き矯正歯科